見たら学べる

手取り15万円?現実と向き合ってみる?

見たら学べる

Gattキャットです。
手取りが周囲の人より低いと感じて不安に感じていませんか?
以前、Twitterのホリエモンの投稿で「手取り14万?お前が終わってんだよ」がプチ炎上してましたね。
本人による解説動画を参考に本当に終わっている?のか考え、どう生きていくかの考えをまとめます。

手取り14万?お前が終わってんだよ

「手取り14万?お前が終わってんだよ」について解説します

先ず、ホリエモンがこのツイートをするきっかけになった投稿が
「12年間働いて手取り14万円って、日本終わってんだろ」です。
年間手取りはボーナス見込んでも200万円弱でしょうか。こんなツイートしたくなりますね。

これに対して、ホリエモンは二つの論点から解説しています。
・情報が民主化されている中で、その仕事を継続する意味
・手取り14万円は収入が低い、嫌だと言ってるお前が悪い

こういう発言をする人は考え方が保守的な良い人でしょう。
動画編集や翻訳などスマホ1台あれば手取り14万円なんて簡単に超えれる。家帰ってYouTubeやTwitter観て時間を浪費していないか。非正規や派遣で搾取される選択しか知らないお前が悪い。
生活用品や娯楽がどこでも享受でき、移動コストが低い現代において、14万円で心的に充実感を得られていないことが終わってる。

胸に刺さるキツイ言い方ですが、的を得ているため、しかと受け止めましょう。
そして、今後の生き方を考えるのです。

現状を俯瞰してみる

さて、あなたは今の自分の状況をどう思いますか。満足してたり、現状のままでいいと思う人はホリエモンが発言した内容の本質を理解していただければ十分でしょう。
手取り少ないな~や、手取りを上げたいと思う人は、下図のフローチャートを辿ってみましょう。

あなたは
・好きなことを仕事にできていますか?
・今の職場に昇給制度があり、将来的に手取り少ないと思うことは無くなりますか?
・配偶者や仕送りなどと合算して、十分な資金はありますか。

これらの質問を自分に投げかけてみてください。
全てで『NO』と思った人は、自分の人生に真剣に向き合わないといけません。
将来、もっと頑張っておけばよかったと後悔することになります。

アクションプラン

あなたが取るべきアクションプランを3つ紹介するので1から順に実行してください。

  1. 大まかな将来計画を立てる(長期計画)
  2. 次にすべきことを具体的に決める(短期計画)
  3. 思い切って行動に移す

1.大まかな将来計画を立てる(長期計画)

まずは1の長期計画を作成してください。大まかなイメージで結構です。
例えば、『月の手取り20万円以上を目標にしたい。だから、現職の派遣は辞めて、エンジニアとして正社員を目指そう。ついでに、生活コストの低い東京を出たい。』
この程度で大丈夫です。ただし、現実的な計画にしましょう。いきなり大企業に就職や手取り30万円とかは不可能に近いです。もしこれできるなら、既になってますよね?

2.次にすべきことを具体的に決める(短期計画)

次に、2の短期計画の作成です。これは具体的に計画しましょう。
例えば、『正社員になりたいけど、これまでの職務経歴では現職と同じ派遣社員にしかなれない、非正規雇用しかなれなそう、、。ということは、就職支援付きのビジネススクールに通って技術を身につけてから就職しよう(初期投資で70万円くらいかかるが、長い目でみたら間違いなくプラスに転じる)。もしくは、数年間はハードワークになることを覚悟の上、小企業に入社してキャリアを磨く。そして、転職条件を満たすことでステップアップする。』
転職はあなたが考えているほど優しいものではありません。先ずは転職に必要となる技術を身につけましょう。目先の低賃金労働者よりも、将来的ポテンシャルに投資しましょう。

3.思い切って行動に移す

ホリエモンの発言にもありましたが、日本の教育を受けて育った人は、保守的な人が多いです。そのため、現状を変えるリスクを取ることを拒みます。僕だったら借金してでも、ビジネススクールに通ってスキルを身につけステップアップする道に進みます。例え、失敗したとしても、努力して一歩進もうとした自分を讃えることができるからです。悔いの残らない生き方をしましょう。

一生を現状維持のまま終えてたいですか?

おわりに

さて、今回の学びはいかがだったでしょうか。

記事から得た情報(インプット)を自分なりの解釈にアレンジして実行(アウトプット)する。たまたま読んだ記事で人生が変わる運命的な出会いは『行動(アウトプット)する』人にしか訪れません

行動の第一歩として、コメント欄に書き込みしてみてはいかがでしょう。
記事の更新はTwitterでアナウンスするので、フォローお願いします。

このブログに、もっと深く迷い込んでください。また別の記事で会いましょう。

コメント