見たら学べる

仕事で成長できない理由 成長加速するためのアクションプラン

見たら学べる

仕事をしていても成長できてないと感じる。
そして、将来の不安へと繋がる、、、。

成長を実感できないのは自分のせいなのか、それとも、会社せいなのか。

今回は書籍『ヤフーの1on1』を参考に仕事で成長するためのアクションプランをお伝えします。

会社は社員一人一人のことを考えていない

会社は社員一人一人のことをあなたが思っている以上に見ていません(少人数の会社であれば別です)。何故なら、社員の育成はマニュアルに沿った方が、効率的に行えるからです。一人一人の個性に合わせた取り組みは極めて困難です。

ただ、会社の中には、社員のライフスタイルや仕事への取り組みを考慮して下記のように分類している所もあります。

  1. 残業少な目タイプ
  2. 働きたいだけ働かせるタイプ
  3. 時短タイプ

さらに、会社は目先の数値目標の達成に囚われています。そのため、目標達成の余裕が無ければ、社員育成を行う機会を喪失します。数値目標への達成率を落としてでも、社員が成長するために時間を費やせる会社は、世の中に何社あるのでしょうか、、、。

成長に必要な3つの視点

会社での教育を十分に受けられない状況で、どう成長していくのか。仕事で成長するためには下記の3つのことに取り組みましょう。

  1. インプットとアウトプットの成果や過程を、自分で精査し次のインプットの質を改善する
  2. インプットとアウトプットの成果や過程を、他者に精査してもらいアドバイスを受けて反映する
  3. インプットとアウトプットの成果や過程を、自分と上長で達成度評価を行い、差異を比較して改善する

自分目線と他人目線、そして、自分と上長が求める質の比較。この3つの観点で仕事を捉えることで、作業的なタスクの中でも、成長の機会を創出することが大切です。

アクションプラン

上記の3視点で改善するためには、どんなアクションが必要になるか。それは『コミュニケーション』です。コミュニケーションと聞いて、飲み会やタバコ、雑談を思い浮かべた方が多いのではないでしょうか。

これではいけません。上長と部下が仕事時間中に1vs1で話し合う時間こそ、本当のコミュニケーションです。あるテーマ(この場合は業務遂行)について部下の想いと業務フローを伝えてみましょう。大きな問題が無ければ、そのまま実行、アウトプットを共に評価してください。その評価について話し合うことで意見交換を行います。その結果、部下は上長の思考回路を学び、自分の思考を深めることができます。

最後に

成長とは、急に成長するものではなく、時間の経過とともに成るものです。成長の質を高めるために、成長を考慮したアクションプランの上で仕事に取り組んでみてはいかがでしょうか。上長と部下との対話はあなたの成長を促進剤となるでしょう。

なお、上長が無能だと思う場合は、職場を変えた方が成長できます(笑)。

コメント